有限会社 マキハラ

佐賀県 玄海町 真鯛の昆布締め/炙り/たたき/切り身/冷凍/炊き込みご飯セット/もつ鍋/ふるさと納税/送料無料/鯛茶漬け 通販・お取り寄せ



 

商品カテゴリ

店舗メニュー

食工房すいぐん 季節限定メニュー イベント情報
 

メール会員登録

HOME»  今も昔も、日本伝統の味「お茶漬け」

今も昔も、日本伝統の味「お茶漬け」

小腹が空いた時の夜食などには、パパっと簡単に作れる「お茶漬け」がピッタリです。手軽に食べられるだけでなく、真鯛などの高級食材を使用した鯛茶漬けは、メインディッシュとしても楽しめます。様々な楽しみ方があるお茶漬けは、日本の伝統の味として多くのご家庭で親しまれています。

お茶漬けのルーツは「平安時代」にある!

お茶漬けのルーツは「平安時代」にある!

「お茶漬け」という言葉が登場するのはまだ先のことになりますが、平安時代の文献には、たびたび「水飯」や「湯漬け」という言葉が見られます。

この時代には、まだお茶が普及していなかったため、水やお湯をご飯にかけて食されていたと言われています。「枕の草子」や「源氏物語」など、日本人なら誰でも知っているような文献に登場しています。

庶民の間に広まったのは「鎌倉・室町時代」

戦国武将の織田信長と美濃の蝮と呼ばれた斎藤道三が一席を共にした話はとても有名ですが、その席で湯漬けが振る舞われていたことをご存知の方は少ないのではないでしょうか。簡単で腹を満たせる湯漬けは、鎌倉時代から室町時代にかけて武家の間で愛好されていたと言われています。特に湯漬け好きとして知られていた、室町幕府八代将軍の足利義政は、お酒を飲むたびに湯漬けを食べていたそうです。

そのことが世間に広まったことで、庶民の間でも湯漬けを食べる人が増えたのではないかと考えられています。室町時代後期になると、ようやくお茶が登場するようになり、庶民の間でもお茶が親しまれるようになるに従って、お茶をかける「お茶漬け」が登場し始めます。

庶民の日常に浸透したのは「江戸時代」

庶民の日常に浸透したのは「江戸時代」

当時、ご飯を炊くのは基本的に1日に1回だけでした。そのため江戸では、朝にご飯を炊き、夜はお茶を沸かして冷えたご飯にかけ、お茶漬けにして食べていた人が多かったそうです。

また、庶民の手軽な料理として広まっていく一方で、各地では名物となるお茶漬けも誕生していきました。中には、具材だけでなく水にもこだわった本格料理として、お茶漬けを出していた料理屋もあったと言われています。

手軽に食べられる反面、こだわることでより美味しく食べられるのが「お茶漬け」の魅力です。当店では、厳選した真鯛の昆布〆炙り通販にてお届けしております。新鮮なままご家庭へお届けいたしますので、鯛茶漬けや刺身など様々な食べ方でお楽しみいただけます。また、真鯛を漬け込むことで鯛茶漬けがより美味しくなる、万能うまだれもセットで販売しております。お取り寄せしても、ギフトに選んでも喜ばれる一品となっておりますので、是非ご利用ください。商品によっては送料無料でお届けいたします。