有限会社 マキハラ

佐賀県 玄海町 真鯛の昆布締め/炙り/たたき/切り身/冷凍/炊き込みご飯セット/もつ鍋/ふるさと納税/送料無料/鯛茶漬け 通販・お取り寄せ



 

商品カテゴリ

店舗メニュー

食工房すいぐん 季節限定メニュー イベント情報
 

メール会員登録

HOME»  お中元の起源と歴史

お中元の起源と歴史

お中元は家族、友人、知人など日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを伝えるものです。今では一般的に行われていますが、お中元の文化は元々あったものではなく、中国から伝わってきたものです。お中元の起源と歴史に迫ってみましょう。

お中元の始まり

お中元の始まり

お中元は中国の三大仏教の一つ道教の思想で伝わったものです。道教では、上元(旧暦1月15日)・中元(旧暦7月15日)・下元(旧暦10月15日)の3つの祭日があり、それぞれ3人の天神様の誕生日で、お祝いにお供え物をしていました。

中元は贖罪の日(自分の罪や過失を償うこと)と盂蘭盆会(うらぼんえ)が行われていました。この文化が中国から日本に伝わり、お盆として定着し、同時期に親族や知人宅を訪ねる進物の贈答をするようになります。この風習は室町時代の公家から始まり、江戸時代になると庶民にも広まり一般的になっていきます。

お中元の時期

地域によりお盆の時期が違うことから、お中元の時期も異なります。北海道は7月15日~8月15日、東北・関東は7月1日~7月15日、東海・関西・近畿・中国・四国は7月15日~8月15日、九州は8月初旬~8月15日の期間が当てはまります。沖縄では旧暦でお盆を行うのが一般的ですので、旧暦の7月15日までに贈るといいでしょう。本来はこの時期に合わせて贈るのが望ましいですが、間に合わなかった場合はのし表書きを変えれば問題ありません。北海道・東海・関西・近畿・中国・四国・九州は「残暑見舞」、東北・関東・北陸は「暑中御見舞」「暑中御伺」として贈ります。

現代のお中元

現代のお中元

江戸時代の頃はうどんやそうめんなどが贈られていましたが、現在では海産物・食肉加工品・日本酒などを贈ることが多くなっています。食べ物以外では商品券なども人気を集めていますが、感謝の気持ちが伝わりやすいのは食べ物のようです。

日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを伝えたいなら、厳選された食材を選ぶと喜ばれます。特に新鮮な海でとれた昆布締めなどは、お中元の贈答品としてぴったりです。

当店では、お中元にふさわしい鯛の昆布締めを通販にて取り扱っています。玄海町自慢の真鯛は、旨味が凝縮されています。鯛の昆布締めはギフト・贈答品として人気を集めておりますので、お祝いの品やお中元をお探しの方は、是非当店の鯛の昆布締めをお選びください。